【ヘアケア】洗い流さないトリートメント何を選べばいい?

update:2017/05/20

こんにちは!吉祥寺Lino by U-REALM(リノバイユーレルム)浅野太郎です!

美容室で乾かす前や、スタイリングで使う流さないトリートメントですが、一体どんな使い方をするのか、どんなタイプのものが髪に合うのか分からない方は多いと思います!

そこで流さないトリートメントの種類と髪質に合わせた選び方を知っていただければと思います!


美容室で使う流さないトリートメントはオイルタイプ、ミルクタイプ、ジェルタイプ、ミストタイプ、スプレータイプなど沢山の種類がありますが、今回は中でも使いやすいオイルタイプとミルクタイプのものをご紹介します!

オイルタイプの流さないトリートメント

このタイプのものがみなさんにも馴染みがありよく使っていただいているものだと思います!

オイルタイプの特徴はシリコンやコーティング剤が入っていてドライヤーや、コテ、アイロンの熱から髪を守りサラサラの質感に仕上がります!

ですが、髪を補修、質感を良くしてくれる成分は入っていないので、髪をこれ以上傷めたくない、予防の為に使うことをオススメします!

使うタイミングは髪を乾かす前、コテや、ストレートアイロン前がいいですね!もちろんストレートスタイルの仕上げに使ってもいいと思います!

オイルタイプを使った仕上がりは下のような感じです!

IMG_1816


ミルクタイプの流さないトリートメント

このタイプのものもオイルタイプに次いで馴染みのあるものだと思います!

ミルクタイプの特徴はオイルの他に、保湿、髪の毛を修復してくれる成分が沢山含まれているので、熱からの傷みの予防、もしくはセット時に使ってきれいな質感に見せる為に使うことをオススメします!

なので、栄養補給としてはいいですが、熱からの保護成分はあまり配合されていないので髪を乾かす前に傷み防止としての使用はあまり適しておりません!

使うタイミングは髪を乾かす前、スタイリング時パーマ、コテで巻いた髪に使うといいと思います!

ミルクタイプを使った仕上がりは下のようなかんじです!

  • IMG_1815

流さないトリートメントの正しい使い分けをしていただいてきれいな髪を保ちましょう!