【豆知識】パーマを長持ちさせる方法

update:2017/09/10

こんにちは!吉祥寺Lino by U-REALM(リノバイユーレルム)浅野太郎です!

今回は『パーマってだいたいどのくらいの期間もつの?』『パーマを長持ちさせるにはどうしたらいいの?』という質問にお話します!


IMG_1392
パーマはどのくらいの期間もつの?
お客様の髪質によって左右され、パーマの種類や使う薬剤によっても左右されます!
硬くて太い髪質はパーマのかかりはいいです!逆に髪質が細く柔らかく、そして少ない髪の毛だと、かかりにくく取れやすいです。
更に、髪の状態にも影響されます!もともとの髪の毛のダメージが少ないほど、パーマは長く持ちます。
カラーなどしたことがなく初めてパーマをかける方で、ある程度長さとボリュームがあり、髪質が硬くて太い髪質だと、パーマをかける上では理想的です!
様々な髪質や状態を見極めた上で正確に薬剤を選定した場合のパーマのもつ期間は短い人で約2ヵ月、長い人だと半年ほどです!
もちろんこれより短い期間でとれてしまう人や、これ以上長く持つ人もいますから、あくまで一つの「参考」程度にお考えください!


IMG_0921

 

パーマの持ちを良くするためにはどうしたらいいの?
「少しでも長くパーマを持たせたい」という人は、パーマをあてた当日の行動に気を付けましょう。

髪を引っ張らないようにしましょう!これはパーマを落とす原因となってしまいます。そのため、極力触らないように心掛けましょう!
あてたばかりのパーマはとても不安定です。そのため、当日は髪を洗わないでいただきたいです!
また、これはパーマに限ったことではありませんが、紫外線などのダメージもまた髪に悪影響を与えてしまいます。なるべく浴びないように心掛けましょう!

毎日のケアも大事になってきます!洗浄力の強すぎるシャンプーは使わない!トリートメントで栄養補給!最後はコンディショナーやリンスで髪をコーティング!お風呂から上がったあとの流さないトリートメントでのケアでもちは随分変わってきます!

詳しいケアなど知りたい方はお気軽にご相談ください!